ぐっすり寝る為のサプリを選ぶ

自分に合ったサプリを選ぶために。

夜勤と昼勤の切り替えで眠れない時の解決策

sleepy

昼勤と夜勤を繰り返す勤務の時には、生活リズムが切り替わって全然寝られません。

夜勤の時なんてお昼に睡眠をとる事になりますが、元々お昼は起きている時間なうえ、明るかったり外からの騒音もあり、なかなか寝付けません。

でも、寝ないと夜勤の時に非常に眠たくもなります。

そんな時は何をしても無駄です。

睡眠薬に頼りましょう。

睡眠薬って大丈夫?

サプリメントは効果あるかもしれませんが、効果を感じるまでには摂取し続けて数週間以上の時間が必要です。

夜勤と昼勤が数日や数週間単位で切り替わる場合、効果が出るまで待ってられません。

だからサプリではなく即効性のある薬で対処する事になりますが、睡眠薬って怖い印象があります

よく自殺とかで使われますよね。

でも、安心してください。

そんな睡眠薬は昔の話です。

今の睡眠薬は多量摂取しても死ねません(笑)。

「健康な人が薬なんて、抵抗ある・・・。」

って考えもわかります。

でも、眠れない状態を改善する為の薬です。

昼であれ夜であれ、その症状を改善するのは同じです。

多くの人が睡眠をとる為に利用しておりますので、安心して服用しましょう。

適切な睡眠薬

睡眠薬は大きく2種類に分かれます。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬非ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬は強くて依存症もあり、睡眠の質も悪くなるので、お勧めしません。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬なら強い薬でなく、即効性もあり、依存症もなく、副作用も少ないです。

以降非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の説明をします。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の作用・副作用

長いので、以下「睡眠薬」と書かさせて頂きます。

作用(効果)は睡眠導入です。

即効性がありますので、服用したら布団にもぐった方が良いでしょう。

睡眠薬を飲んだ後、記憶が無いけど行動してしまう事もあるらしいので。

服用後1時間ほどで薬の血中濃度が一番高くなります。
(薬が一番効いている時間帯)

その後数時間で薬の効きは無くなりますので、睡眠時間の半分ほどは薬に頼らない自然な睡眠となります。

この為睡眠の質も良く、スッキリとした目覚めを迎える事が可能です。

ただ、依存症も全くないわけではありません。

夜勤と昼勤の切り替え直後は体が慣れていないので、薬を使って眠る事も必要です。

でも、体が慣れたらなるべく薬に頼らず寝るようにしましょう。

睡眠薬の購入方法

医者へ行けば処方してもらえます。

その他、ネット上でも購入可能です。

私が良く利用している「くすりエクスプレス」というサイトで購入可能です。

⇒ アモバンジェネリック(ゾピクロン)7.5mg 1箱(合計30錠)

このアモバンと言う睡眠薬、翌朝に残る苦みは利用者を悩ませているようです。

しかし、「良薬、口苦し」と割り切って我慢しましょう。

 
※くすりエクスプレス
くすりエクスプレスでは、様々な薬を取り扱っています。

何のトラブルでも、サプリメントで効果が実感できない方は、一度薬を試してみましょう。

面白い所では、脳機能アップ(記憶力、集中力、認知力)の薬性の健康(ナイトライフ)の薬禁煙治療の薬など。

これ以外にも様々な薬を扱っています。

あなたの助けになる薬が必ず見つかると思いますよ!

-睡眠の薬