ぐっすり寝る為のサプリを選ぶ

自分に合ったサプリを選ぶために。

お昼ウトウトして思考力が低下、その原因は?

お昼、特にお昼ご飯を食べた後の2時頃。

パソコンに向かいながら意識が遠のく人は私だけではないはずです。

私の午後の眠気は酷く、会話をしていても睡魔により目が閉じてしまったり、ろれつが回らなかったり。

外出先では食後車を運転する事も有り、何度もひやひやする場面を作ってしまいました。

場合によっては重大事故にもつながるお昼のウトウトですが、その原因は何でしょうか?

お昼ウトウトしてしまう原因

お昼ご飯を食べた後にウトウトしてしまうのは、生理現象として仕方が無いんです。

午前中の仕事の疲れもありますし、胃腸に血液が集中しボーとしてしまう事もあります。

そもそも、人の概日リズム(体内時計)は午前中から正午にかけて上昇し、2時から3時にかけて低下する様になっているんです。

低下したタイミングで、午前中の仕事の疲れと血流が胃腸に集まるというトリプルパンチで、眠くなるのは当然です。

解決法は!?

食事が終わったら、15分ほど仮眠をとる事が一番です。

脳の疲れを取り除き、リフレッシュして午後からの仕事に挑む事ができます。

それが出来なければ、眠気ピークの時にトイレにでも籠って5分でも寝ましょう。

私もいつも同じような時間にトイレにこもって寝ていますので、周りからは「いつも同じ時間にトイレ行くな。寝てんじゃねーのか?」と思われていた事でしょう。

トメルミンというカフェイン錠剤を飲んだこともありますが、即効性は無いので急場をしのぐ事は出来ませんでした。

トメルミンは水無しで飲めて瞬間的にはミントの風味で頭がスッキリしますが、5分ほどで元に戻ります。
その後、30分ほどしてから効き始める様なイメージです。

食後に仮眠をとって、更にいつも眠くなる時間の30分前に服用すれば問題解決です!

お昼以外にウトウトしてしまうのは?

お昼以外にウトウトしてしまうのは、明らかに寝不足か睡眠の質が悪いのが原因です。

睡眠の質を上げるのは

●環境(明るさ、音、枕、など)を整える

●睡眠時無呼吸症候群でないか調べる

●就寝時間と起床時間を固定する

に限ります。

更に安眠サプリを摂れば寝込みも、寝ている時も、起床時も大満足です。

安眠サプリの説明はトップページ参照下さい。

-睡眠に関する記事